ロックのライブの開催場所や踊るための広場等に備えられているすごく大きなスピーカーの正面で、強烈な音を聞いたせいで耳が遠くなってしまうことを「急性音響性障害」と呼んでいるのです。

吐血と喀血は双方とも口から血を吐くことですが、出血源が異なります。喀血は咽頭から肺へと至る気道(呼吸器の一つ)から血が出ることを言い、吐血とは、無腸間膜小腸などの消化器系の器官から出血する症状を指しているのです。

悩ましい杉花粉症などの病状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れないと、それが誘因で睡眠不足の状態になり、翌日目覚めてからの業務内容に悪影響を誘発するかもしれません。

無病息災、食べ過ぎの禁止、適切な運動で体を動かす等、従来から言いつくされてきた体への慈しみが身体全体の老化防止にも有効なのです。

さまざまな感染症を引き起こす細菌であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は、グラム陽性の好気性菌で、区分すると毒の強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と、毒力が強力ではないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に大別することができます。

大抵は骨折しない位の僅かな外圧でも、骨の限定されたポイントだけに幾度となく力がプラスされると、骨折してしまうことがあるので気を付けなければいけません。

2005(平成17)年2月以後、新たにあらゆる特定保健用食品のケースに、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文章を表記することが義務化された。

ハーバード大学医学校の調査結果によれば、連日2カップよりも多くカフェインの除去されたコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸がんの罹患率を半分も和らげられるということが明らかになった。

おしなべてストレスを感じる原則や短時間でできるストレスを和らげる方法等、ストレスにおいての細かい知識を心得ている人は、多くはありません。

アルコールの分解を促進する効能を持つナイアシンは、宿酔によく効く成分です。憂鬱な宿酔の元凶物質であるアセトアルデヒドという有害物質の分解にも力を発揮しています。

強い持続性の頭痛が主たる症状のくも膜下出血(SAH)は、実に8割以上が脳動脈瘤と呼ばれる脳内の血管にできる風船状の嚢が、破れてしまうことが理由となって起こってしまう、命に関わる病気だという知識を大勢の人が持っています。

スマートフォンの気になるちらつきを防止するパソコン専用メガネが今人気を博している訳は、疲れ目の手当に老若男女を問わず苦労しているからこそだと思っています。

くしゃみや鼻水、目の掻痒感、目に異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因である花粉の飛散している量に従って悪くなってしまうデータがあるとのことです。

痩せたいために摂取しなければならないカロリーを抑える、1人前を食べない、そんなライフスタイルを続けることが徐々に栄養までも足りなくさせ、冷え性をもたらしていることは、大勢の医療従事者によって指摘され続けています。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いせいで、成層圏にある大気中のオゾン層で部分的にブロックされますが、地表に到達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞の遺伝情報を傷めたりして、皮ふに良くない結果を生じさせることがわかっています。